ウソ?ホント?精力剤調査隊リターンズ!

精力剤選びでもう騙されたくない!と思う君、当サイトを参考にしなさい。今こそ最高の精力剤を紹介しよう。

*

精力増強と回復力をアップする方法まとめ

どもども、精力剤調査隊隊長のひでおだぁ!

今回は、30代後半から40代以降の男性からの要望が熱い精力増強・回復力を高める方法の調査報告をするぞぉ!

あなたは、最近、精力が減退して悩んでいませんか?
40代になってから性欲がないんだよなぁ・・・
もしくは、精力の回復力が遅くなったと感じていませんか?

もしかすると、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減っていることが原因かもしれんぞぉ!

テストステロンは、男性ホルモンの一種で、性欲と性衝動の亢進や生殖器の発育に影響を与えるホルモンのことだなぁ。

このテストステロンの分泌量が、減ると精力減退や回復力が遅くなったりするんだよなぁ。
しかも、男性の更年期障害の原因にもなる。

で、このテストステロンの分泌量が減る原因は主に加齢なんだが、最近では、生活環境や食生活の変化で若い世代で悩む男性も増えてきている。

でも、安心してくれ!
そんな悩みは今日で終わりにしようぜ!!

今回は、我々調査班がこの精力を減退する原因であるテストステロンの分泌量を増やして精力増強と回復力をアップする方法を紹介していくぞぉ!

テストステロンの分泌を増やし、精力増強する方法

精力増強するためには、精力を減退させる原因を取り除き、増強効果のあるもを取り入れる必要がある。
つまり、テストステロンの分泌に悪影響を及ぼす要因を排除し、分泌を増やす効果のある要因を取り入れるってことだなぁ。

ということで、精力増強するために必要なテストステロンを増やす方法を紹介していく。

筋力トレーニングと短時間の激しい運動

筋力トレーニングや運動で筋肉に刺激を与えると、血液中のテストステロンの数値が高くなることが研究の結果からわかっている。

ただ、過度な運動は精力を減退させる原因にもなるから注意が必要。
これは、運動によって発生したテストステロンが筋肉で消費されて消えてしまうからなんだぁ。

簡単に説明しちゃうと、激しい運動したあとって筋肉痛になるだろ?
つまり、筋肉が増えている状態。
この筋肉が作られるのにテストステロンが使われるから消えちゃうってこと。

また、フルマラソンのような長時間の運動は、ストレスの元になるからテストステロンの分泌を低下させる。
なぜなら、ストレスは、テストステロンの競合成分であるコルチゾールを増やすからなんだぁ。

なので、精力増強させるには、軽い筋力トレーニングやウォーキング、軽いランニングがおすすめ。
そして、ストレスを発散することだなぁ!

適正な体重の維持

肥満だと精力を減退させることが研究からわかっている。
ちょっと平均体重をオーバーしてる男性は注意したほうがいいぞ。

なぜかって?
脂肪細胞に含まれるアロマターゼという酵素が、 男性ホルモンのテストステロンを女性ホルモンのエストロゲンに変換してしまうからなんだ!

だから、肥満気味の男性は、ダイエットすれば、精力増強するってことだなぁ。
ただし、痩せすぎや過度なダイエットは、ホルモンバランスを悪くする原因だから注意が必要。

睡眠時間と睡眠の質を上げる

睡眠時間と睡眠の質もテストステロンの分泌に大きな影響をおよぼすことがわかっている。
1週間の間、睡眠時間を5時間にしたところ、テストステロンの生成量が10~15%低下したという研究結果もあるそうだぁ。
想像すればわかるよな?
睡眠不足は、自律神経のバランスを乱す。その結果ホルモンバランスが乱れても不思議じゃないからな。

また、睡眠時間だけじゃなくて、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害もテストステロン生成量に影響する。
肥満気味の男性は、睡眠の質を上げるという点でダイエットが必要そうだなぁ。

精力増強剤を飲む

精力増強剤を飲むのも精力増強と回復力を高めるのには有効な手段だなぁ。

毎日の食事ではどうしても精力増強効果のある栄養素、成分を摂取することは難しい。
そこで、大事な役割を果たしてくれるのが、精力増強剤なんだ。

亜鉛、カルシウム、セレンなどのミネラル類、アルギニン、シトルリンなどのアミノ酸類、ビタミンD、ビタミンB6などのビタミン類など、精力増強には必要不可欠な成分を効率よく摂取できる。
特に、アミノ酸は、体内で作られにくい成分だから、食事やサプリメントから摂取することが大事なんだ。

精力増強と回復におすすめの精力剤は、下のページでランキング形式で紹介しているから参考にしてくれ。

精力増強サプリメントおすすめランキングの記事はここなぁ

対策して男性ホルモンの減少をおさえていこうぜ

男性ホルモンであるテストステロンは、20代をピークに20代後半、30代から減少し、40代すぎたあたりから減少スピードが早くなってしまう。
だから、しっかりと対策してテストステロンの減少スピードをおさえて、増やしていくことが大切なんだ。

ちなみに、性欲減退以外にも、メタボリックシンドロームになったり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすくなったりと、テストステロンが減少するとよいことがあまりない。

まずは、運動をする、しっかりと睡眠をとる、精力剤サプリメントを飲むといった対策からやっていこうぜ。